輸入家具がスカスカになる前に!白蟻駆除は早めに依頼しよう

輸入家具に潜んでいるアメリカカンザイシロアリの特徴

白蟻

輸入家具に潜んでいるアメリカカンザイシロアリは、在来種に比べて白蟻駆除が困難。困難である理由は、生態の特徴にあります。

水がない場所でも生息できる
アメリカカンザイシロアリの「カンザイ」は、漢字で書くと「乾材」。乾燥した場所に棲み、水分を必要としないことからこの名が付きました。水分がなくても生きていけるため、輸入家具や輸入木材に潜んで生きたまま日本へ渡ってきたものが数を増やしているのです。ちなみに、乾材だけをエサとしているわけではなく、湿った木材もエサとします。
蟻道を作らない
日本に生息するシロアリは「蟻道」というトンネルのようなものを作り、そこを移動します。だから、蟻道さえ発見できれば、どこからどのようなルートで侵入してきたかが目視でわかるんです。ところが、アメリカカンザイシロアリはこの蟻道を作らない。木の内部を移動しながら浸食していくので、気付かないうちに家具や木材がスカスカになってしまいます。
在来種の白蟻よりも繁殖スピードが遅い
アメリカカンザイシロアリは、爆発的に増えるようなことはありません。繁殖速度が遅く、その分被害の拡がりもゆっくりです。しかし、木の内部を移動していくという習性と相まって、被害にはかなり気付きにくい。ようやくアメリカカンザイシロアリの存在に気付いた頃にはすっかり数が増え、家中至るところに分散しているといったことも少なくないのです。

アメリカカンザイシロアリの恐ろしさ

繁殖スピードが遅いなら白蟻駆除を先延ばしにしても大丈夫ですか?
だめです。できるだけ早めに白蟻駆除を行なってください。アメリカカンザイシロアリは、木材が空洞になるまで食べ続けます。もし、食べ進めているのが住宅の柱だった場合、倒壊の恐れすらあるんですよ!
アメリカカンザイシロアリに対して有効な対策はありますか?
今のところ、日本ではありません。アメリカでは「ガス薫蒸処理」が効果的な対処法として実施されていますが、日本では住宅の間隔が狭いために実施不可能。また、この方法では外からの侵入を防げないので、ひとつの街で一斉に駆除を行なわないと効果が薄いということも言えますね。
TOPボタン