白蟻駆除に効果的なホウ酸塩ってどんなもの?

白蟻駆除業者が使用しているホウ酸塩とは?

作業員

輸入家具や木材から被害をもたらすアメリカカンザイシロアリ。この厄介者を追い出すためには、やはり白蟻駆除業者の力が必要です。ここでは、白蟻駆除業者が使用する「ホウ酸塩」について解説していきたいと思います。

ホウ酸塩の特徴

  • 安全性が高い
  • 下等生物に効果的
  • 効果が長時間持続する
  • 住宅へのダメージが少ない
  • 欧米でも主流

安全性が高い

「ホウ酸塩」と聞くとなんだか危険な薬物のように思えますが、実際には目薬や食品の防腐剤として使われているもの。哺乳類への影響はほとんどなく、その急性毒性は食塩と同じ程度なんです。摂り過ぎてしまった分は体内で処理されて、排泄物として体外へ出ていきます。

下等生物に効果的

腎臓を持つ哺乳類は、腎臓の浄化作用によってホウ酸塩を処理することができます。しかし、腎臓を持たない下等生物が大量に摂取した場合、浄化することができずにエネルギー代謝に影響が出て餓死してしまうのです。

効果が長時間持続する

揮発する性質のものではありませんので、雨に直接当たらないようにしてさえおけば、その効果は半永久です。一回で長期間効果が持続してくれるので、経済的であると言えるでしょう。

住宅へのダメージが少ない

シロアリを寄せ付けないばかりか木材を腐らせる腐朽菌からも住宅を守ってくれるので、大切なマイホームを長持ちさせてくれるでしょう。ホウ酸塩自体が住宅の木材などに影響を与えることは、もちろんありません。

欧米でも主流

すでに欧米では、ホウ酸塩を使用することが主流となっています。防腐効果や白蟻の予防効果が確実にあるうえに、哺乳類にとっては安全なので、広く使われているんですね。例えば温かく湿度が高めの環境であるハワイは、ホウ酸塩によって深刻だった白蟻問題を解決しています。

TOPボタン